mailman

spamassassin KNOWN_SPAMMERS = [(\"x-spam-flag\", \"yes\"),]
とすると、静かに破棄される
後は、
KNOWN_SPAMMMERS = [(\"x-spam-level\", \"***\"),]
spam level 3以上は破棄

となるらしい(未確認)

今はexim4で受けた時に、spamassassinをつかってフィルターにかけて、その後、個人のMaildirに来た時にprocmailrcで分けているから、有効的かと思われる。

SpamAssassinは日本語対応していない。
問題点(日本語メール)
-False Positiveになりやすい
-日本語キーワードチェックルールを書こうとするとキーワードを文字コード(16進表記)にして書かないと行けない

上記を解決するであろうパッチも作ってくれている方々がいる。
http://www.emaillab.org/spamassassin/
効果(未確認)
-ベイズフィルターが賢くなるらしい(現在は文字コードを変換せず、生のコードのままで処理をするらしい、その一方で、新しいパッチは文字コードをUTF-8に統一した上で、MeCabなどのプログラムで語句に区切るらしい)->この処理は時間がかかるらしいが、ベイズフィルターの判別力は大幅にアップ(するらしい)
-ルールが簡単に書ける。UTF-8を書けるエディターを使えばよい

日本語パッチがあたっているspamassassinをダウンロードする場合はこちらから!
http://spamassassin.jp/download/rules/

というわけで、オープンソースカンファレン2006東京で貰っSpamAssassin活用ヒント集(日本 SpamAssassinユーザ会)からの抜粋でした。早くwikiをたてたいよー