〜RightScaleで何が出来るか〜+次はRightScaleは「クラウド管理が出来るSaaS型のサービスである」と前回書きましたが、それじゃそのサービスで何が出来るの!?と列挙していきたいと思います。

[]

もちろん以下列挙している事の多くは個々のクラウドのAPI経由やダッシュボード(マネージメントコンソール等)で行う事が出来ますが、RightScaleを使い自動化設定をする事でより簡単に、インフラエンジニア大量雇用しなくても、また既存資源を使いつつ、よりスケールアウトや自動化などクラウドの利点を活用する事が出来ます。

出来る事(順不同)

  1. マルチクラウドを[一元的に管理]出来る

    1. ここで言うマルチクラウド、というのは、世の中に出ているクラウド(パブリック、プライベート)を一元的に同じように管理出来る(対応クラウドに関しては以下を参照)
    2. IaaSだけではなく、PaaSと呼ばれるようなクラウドも扱う事が出来る
    3. 一つのクラウドにベンダーロックされない
  2. ハイブリット構成が構築出来る

    1. データーベースだけはオンプレミスやプライベートクラウドに配置し、レスポンス返すHttpdサーバはパブリッククラウドに置く等
  3. サーバーテンプレートと呼ばれるインフラ(サーバーやアプリ)構成についてのレシピ集が多数あり、選ぶだけでサーバー構築が出来る

    1. サーバーテンプレートは自前で作る事が出来る
    2. 面倒ならばRightScaleにサーバーテンプレートを作ってもらう事が出来る
    3. 作ったテンプレートを公開する事が出来る
    4. 公開したテンプレートを課金対象とする事が出来る
  4. 個々のサーバー管理ではなく構成を管理する事が出来る

    1. サーバーが落ちれば自動で他のサーバーで立て直す事も可能
    2. 構成はバージョン管理されており、バージョンを戻したり、一部のスクリプトだけ上げたりという事が出来る
  5. サーバー構築だけではなく保守もする事が出来る

    1. 例えばパッケージ(PHPやRuby等)のアップデートを行ったり、設定ファイルを書き換えたり、アプリを展開して再配置したりする事が出来る
    2. 構築した構成を簡単に変える事が出来る
  6. 監視機能を簡単につける事が出来る

    1. 取得値によって、自動でサーバーを増やしたり減らしたりする事が出来る
    2. 自動でサーバーを大きくしたり小さくしたりする事が出来る
  7. RightScaleを自前クラウドに載せて再販出来るリセラープログラムがある

  8. 特定の業界や、要望に合わせたソリューションパックを選ぶ事が出来る

    1. 開発とテストソリューションパック
    2. グリッドソリューションパック
    3. Zend PHP ハイアベーラビリティ(HA)ソリューションパック
    4. ソーシャルゲームソリューションパック

RightScaleが対応しているクラウド一覧

※もしかしたら他にもあるかもしれません。抜けがありましたらお知らせください。