RightScaleを解き明かす\~サーバーテンプレートのページの見方\~

RightScaleの醍醐味であるサーバーテンプレートですが、そのダッシュボード(マルチクラウド・マーケットプレイス・サーバーテンプレート)は最初どう使っていいのか迷う場合があります。そこでサーバーテンプレートのマーケットプレイスの使い方を説明します。

[]「デザイン」-> 「MultiCloud Marketplace」の配下にある「サーバーテンプレート」をクリックします。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1223 width="300" height="117"}

左側にあるメニューから説明します。

Browse

現在選択してるものが太文字になって表示されます。「サーバテンプレート」を選択しているので「ServerTemplates」が太文字になって表示されています。右側のコンテンツにはサーバテンプレートが表示されていると思います。

  • ServerTemplates (サーバテンプレート)
  • RightScripts (ライトスクリプト)
  • MultiCloud Images (マルチクラウドイメージ)
  • Macros (マクロ)

{.size-full .wp-image-1226 .alignnone width="205" height="149"}

Search

上記Browseで選択したスクリプトの種類の中を様々な条件で検索します。

ディフォルト

  • Keyword(s) : キーワード
  • Search in (Title / Title & Description / Publisher) : キーワードをどこで検索するか(タイトル/タイトル&説明文/作成者名)

「Show advanced options」をクリックすると、オプションが表示されます。

オプション

  • Price (Any / Free / Paid) : プライス(なんでも/無償/有償)
  • Category:カテゴリ(以下を参照)
  • Cloud (AWS, Rackspace, Eucalyptus,CloudStack,OpenStack) : 使えるクラウド
  • Sort by (Newest First / Oldest First / Title / Rating) : ソート順(新しい、古い、タイトル、レート)

{.alignnone .size-medium .wp-image-1227 width="146" height="300"}

Categories

選択したカテゴリーのスクリプトを表示します。全部使った事が無いので、今度個々のカテゴリを調べてどのようなサーバテンプレートがあるか記事を書きたいと思います。一つのサーバテンプレートには何個かカテゴリーを登録する事が出来るので、例えばAll-In-Oneと、11H1 Compatibleと、Application Server, Blogに引っかかるサーバテンプレートもあります。

  • All : 全部のサーバテンプレート
  • Shared  :シェアは、他のRightScaleユーザーが自分にシェアしてくれたサーバテンプレートが表示されます。これはSharing Groups(シェアリンググループ)を使って共有されたものになります。この機能はプレミアムとエンタープライズエディションを使っているユーザーのみ利用出来ます X(
  • 11H1 Compatible :  これは2011年のHalf 1(上半期)のRightScaleが提供するイメージに対応しているサーバテンプレート、という意味です。11H2だと2011年下半期、12H1は2012年上半期...になります。
  • All-In-One : オールインワン。文字のごとく、すべてが1つのインスタンスに入る設定になっているサーバテンプレート
  • Application Server
  • Blog
  • Business Intelligence
  • Cache Server
  • Chef
  • Content Management
  • Database
  • Distributed Processing
  • Filesystem
  • Load Balancer
  • Monitoring
  • Security
  • Testing and Development
  • Toolbox
  • Tutorial
  • VM Image Tools
  • Web Server
  • Windows

{.alignnone .size-full .wp-image-1230 width="209" height="131"}

- 右側のメインコンテンツ -

Featured ServerTemplate

RightScaleお勧めのサーバテンプレートが表示されます。ここに表示するには多分RightScaleにお金を出さないといけないのかな?と個人的には思っていますが、真相はいかに。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1233 width="300" height="116"}

Highest Rated / Recently Added / Featured -- View All

レートが高いもの、最近追加された物、特集、すべて見るというタブで簡単にサーバテンプレートを表示させる事が出来ます。レーティングに関してはまだあまり投票が行われていないので、これから、になると思います。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1234 width="300" height="19"}

選択したサーバテンプレート

以下のサーバテンプレートはログがないですが、ロゴ、タイトル、作成者、対応しているクラウドのアイコン、(あれば)有償のアイコンが表示されています。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1235 width="300" height="58"}

アイコンの説明

{.alignnone .size-full .wp-image-1236 width="24" height="23"} :AWS対応している
{.alignnone .size-full .wp-image-1239 width="21" height="23"};Rackspace対応している
{.alignnone .size-full .wp-image-1237 width="24" height="22"}:Eucalyptusもしくは、CloudStack対応、OpenStack対応している

{.alignnone .size-full .wp-image-1238 width="16" height="23"}:有償(無償であればアイコンは出ない)