アカウントをIAMを使って作ろう\~+RightScaleはAWSのAPIを使ってクラウドを操作するのですが、IAMが出来たため、通常の方法でAPI用のアカウントを作れなくなりました。IAMからRightScale用のアカウントを作成する方法を記述します。

[]AWSのマネージメントコンソールにログインします。IAMのタブをクリックします。
{.alignnone .size-full .wp-image-1184 width="207" height="71"}

ユーザーを作成します。

{.alignnone .size-full .wp-image-1178 width="132" height="57"}

{.alignnone .size-medium .wp-image-1185 width="300" height="192"}

名前を入力する所が出てくるので、分かり易い名前にします。「Generate an access key for each User」にチェックをつけておきます(これはチェックがなくてもいいですが、面倒でも個別管理しておいた方が後々ユーザー管理をきちんとする上ではいいと思います)。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1179 width="300" height="87"}

作成すると公開鍵と、秘密鍵の値をcsvとしてダウンロード出来るようになります。ファイルの中身はこんな風になっています。

\"User Name\",\"Access Key Id\",\"Secret Access Key\"\"RightScale_Aya\",\"AKxxxxxxxx\",\"\$MxSkxxxxxxxxxxxxxx\"

※ 次はオプションです。しなくてもいいです。グループを作らない場合は、ユーザーに対して権限を設定する必要があります。※
グループを作成します。
{.alignnone .size-full .wp-image-1186 width="139" height="58"}

グループ名を入力します。
{.alignnone .size-medium .wp-image-1187 width="300" height="119"}

権限一覧が出ます。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1188 width="300" height="246"}

その中で「Power User Access」を選択します。
{.alignnone .size-medium .wp-image-1189 width="300" height="28"}

確認します。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1192 width="300" height="208"}

グループが出来ました。次はグループにユーザーを紐付けます。対象グループを選択し、上部にある「Group Actions」のクリックすると選択肢が出てくるので「Add Users to Group」を選択します。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1191 width="300" height="109"}

ユーザー一覧が出るので、追加したいユーザーにチェックボックスを入れてグループに追加します。

{.alignnone .size-medium .wp-image-1193 width="300" height="105"}