コミュニティから遠ざかった理由とその結果

最近秋花粉なのかくしゃみが連発する小室です。

ちょっと思い立ってコミュニティから遠ざかった理由とその結果を書いてみたいと思いま
す。

昨年度(2014年)ほぼ一年間、個人的にコミュニティにかなり顔を出したり登壇をしたりしていました。なんとなくですけど、2014年はコミュニティに力を入れようと決めてて、可能な限り出てました。

得る事も多かった。それでも遠ざかった理由を今更ながら書いてみたいと思います。

遠ざかった理由としては大きくあげると

  • 家族にしわ寄せが行った
  • 嫌な思いをした

に尽きるかなと思います。

独り身の方は特に気にする必要はないかもしれませんが、やはり家族を持っている人は時間を無限に使う事は出来ないので、あちらをとればこちらが、という状況になると思います。特に家族内で中核を担っている人はその反動が大きいかもしれない。

我が家は夫がかなり家事や育児をやってくれるので、私がこうやって飛び回ったり出来ますが、やはりただ押し付けるだけじゃなくて、お互いに助け合いたい。

何より自分が子供と一緒に居る事が出来ないというのは、最初はいいですが(割と子供から離れるのは精神的にも健全だと思います)、あまりにも多いと良くないなぁと思いました。子供からすれば母親がいないので、割と食べたいものを食べれる喜びというのもあるかもしれませんが。

なので、コミュニティやってみて、やっぱり家族って自分にとっては大事だなって気づきました。

嫌な思いをした、というのは特にここで書く必要はないと思いますが、誰もが自分の立場があって、想いとか叶えたい事とかあると思うし理解しているけど、やっぱりちょっと嫌だった。

だからコミュニティは離れてみた。色々ありえないぐらいバカな事したり沢山考えて笑ったから今は特に思う事はない。楽しかったなぁ程度。

それで今離れて10ヶ月目ぐらいになるんだけど、2ヶ月〜3ヶ月に一回ぐらい勉強会とかコミュニティに触れると、やっぱり楽しい!て思う。

新しい技術を勉強したいって思うし、それについて誰かと語りたいって思う。

だから来年はまた黙々勉強会したりして技術を通して色んな人と話したい。

コミュニティはただセミナーやるとか、ただ飲み会するだけじゃなくて(それも大事だけど)、技術の面白さや、その怖さなどを共有して一人じゃないって思う事なのかもしれないね。